スマホ診ラボ

脂質異常症 学び | 医師監修

脂質異常症・高脂血症とは?脂質異常症の種類、診断基準など脂質異常症に関する基礎知識

目次
脂質異常症・高脂血症とは
脂質異常症(高脂血症)の種類(高LDLコレステロール血症・低HDLコレステロール血症・高トリグリセリド血症(TG血症))
脂質異常症(高脂血症)の診断基準と治療目標値
脂質異常症(高脂血症)とコレステロールの関係
脂質異常症(高脂血症)の原因と症状
脂質異常症・高脂血症とは

脂質異常症・高脂血症とは

健康診断での血液検査で指摘を受けたり、テレビなどで「コレステロール」の値が高いのは体によくないという番組を見たりして、脂質異常症・高脂血症についてしっている方が多くなってきているのではないでしょうか。
しかし、なぜ高いとよくないのかを理解できている人は少ないのではないでしょうか。

1. 脂質とは

脂質異常症を説明する前に、まずは脂質について説明します。
脂質と聞くと脂肪のイメージが強く、また、肥満と結びつけやすいのではないでしょうか。それに加えて、体に悪影響を与える不要なものと思われがちだと思います。
もちろん取りすぎはよくはありませんが、脂質は細胞膜やホルモンの材料、体を動かすエネルギー源になるなど、体を構成する、欠かすことができない栄養素の1つです。
炭水化物やタンパク質もエネルギー源になることはしっていると思いますが、1gあたりで比較すると脂質は2倍以上ものエネルギーを生み出すことができます。
炭水化物やタンパク質に比べて高エネルギーのため、長時間の運動のときには重要な栄養素となります。
さらに、体温を保ったり皮膚を保護したりするなどのさまざまな役割を担っているすぐれものの栄養素です。

2. 脂質異常症とは

脂質が多すぎると動脈硬化や肥満に繋がりやすくなるなど、体に悪影響をおよぼす可能性がありますが、逆に少なすぎても十分に役割を果たすことができません。

脂質にもいくつかの種類がありますが、その中でも大事なのが、悪玉(LDL)コレステロールや善玉(HDL)コレステロール、中性脂肪(トリグリセリド)です。
血液中にふくまれるLDLコレステロールや中性脂肪が一定の基準よりも多い状態、もしくはHDLコレステロールが少なすぎる状態を脂質異常症と呼んでいます。
一般的には「血液がドロドロの状態」が脂質異常症とイメージするとよいでしょう。

なぜ、その状態がよくないのでしょうか。血液中に余分な脂質が多くなると、動脈硬化を起こしやすくなり、心筋梗塞や脳卒中などのリスクが高くなります。血管に強い圧力がかかっている高血圧の人が脂質異常症を併発すると、血管の壁が傷つきやすくなるため、動脈硬化がさらに進行するリスクがあります。
また、インスリンが不足すると中性脂肪が体内で利用されにくくなり、血液中に中性脂肪が増えてしまいます。
そのため、糖尿病の人は脂質異常症を併発しやすく、動脈硬化を進行させるリスクが高まるからです。

困ったことに、脂質異常症は自覚症状がほとんどありません。
そのため、気づくのが遅れ、ある日突然、心臓の血管が詰まったときは急性心筋梗塞、脳の血管が詰まったときは脳梗塞などの発作に襲われるケースもあります。
近年、ライフスタイルの欧米化が進んだことにより、脂質異常症と診断される人が増えてきたとも言われています。

脂質異常症(高脂血症)の種類(高LDLコレステロール血症・低HDLコレステロール血症・高トリグリセリド血症(TG血症))

1. 脂質異常症(高脂血症)の種類

脂質異常症は、その原因によって大きく「原発性高脂血症」と「続発性(二次性)高脂血症」の2つに分けられます。

原発性高脂血症
遺伝(体質)によって発症する脂質異常症のことを指し、生活習慣とはほぼ関係なく起きてしまいます。
この原発性高脂血症の中にはいくつかの種類があり、なかでも「家族性高コレステロール血症」は典型的な原発性高脂血症の1つです。
続発性高脂血症
病気や薬が原因で起こる脂質異常症です。
主な原因には、甲状腺機能低下症や肝臓病、糖尿病などの病気、そして肥満やアルコールの飲みすぎなどの生活習慣があります。

薬が原因となってしまうこともありますが、病気を治療したり、薬を変更したり中止したりすることで、脂質異常症が改善されることもあります。

2. 脂質の種類による分類

「LDLコレステロールが多い場合」、「HDLコレステロールが少ない場合」、「中性脂肪が多い場合」という3つのタイプがあります。

高LDLコレステロール血症
悪玉と言われるLDLコレステロールが高すぎる状態です。
脂質異常症では、このタイプがもっとも多くみられます。そのため、LDLコレステロール値は脂質異常症かどうかをしるための重要な指標になり、健康診断結果などでこの数値をチェックすることがとても重要です。
日本循環器学会のガイドラインによると、140mg/dL以上の人は80mg/dL未満の人に比べて心筋梗塞や狭心症になる危険が2.8倍になるといわれています。
出典:日本循環器学会「虚血性心疾患の一次予防ガイドライン」

健康診断結果などを見ていてLDL、HDLの項目がない場合もあるかもしれません。
その時は、総コレステロール値で確認しましょう。総コレステロール値が高かったらLDLコレステロール値についても検査を受けるようにしましょう。

低HDLコレステロール血症
善玉と言われるHDLコレステロールが少なすぎる状態です。
HDLコレステロールが少ないと血液中から余分なコレステロールがうまく回収されないため、コレステロールがたまりやすく、動脈硬化のリスクが高くなります。脂質異常症というと、LDLコレステロールだけが注目されがちですが、HDLコレステロールの数値もしっかりチェックしましょう。
高トリグリセリド血症
中性脂肪が多すぎる状態のことです。
中高年男性には、このタイプも多くみられます。最近の研究などから、中性脂肪が多いと悪玉(LDL)コレステロールも増えやすいことが判明しています。

実際の脂質異常症では、LDLコレステロールと中性脂肪の両方が多い混合型の人も少なくありません。

脂質異常症(高脂血症)の診断基準と治療目標値

診断基準が2012年に改定され、日本動脈硬化学会の「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版」では、脂質異常症の診断基準は以下のようになりました。

脂質異常症の診断基準
出典:「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017 改訂のポイント」(P3)

また、家族性高コレステロール血症の診断基準は以下のとおりです。
私たちの遺伝子は、父親由来と母親由来の2つが1組となってできていますが、LDL受容体やそのはたらきに関わる遺伝子の異常によって呼び方が変わります。「ヘテロ接合体」とは、いずれか一方のみに異常が認められる場合です。
「ホモ結合体」とは両方に異常が認められる場合です。

家族性高コレステロール血症ヘテロ接合体の場合
15歳以上では下記の①〜③すべて、または、15歳未満では①と③が確認される場合に家族性高コレステロール血症と診断されます
  • ①LDLコレステロール血症(15歳以上は未治療時のLDLコレステロール180㎎/dL以上、15歳未満は未治療時のLDLコレステロール140㎎/dL以上)
  • ②腱黄色腫(手背、ヒジ、ヒザなどの腱黄色腫やアキレス腱肥厚)または皮膚結節性黄色腫がある
  • ③2親等以内の血族に家族性高コレステロール血症または早発性冠動脈疾患者がいる
出典:「日本動脈硬化学会」 出典:「家族性高コレステロール血症診療ガイドライン 2017」(P4~)
家族性高コレステロール血症ホモ接合体の場合
下記の①〜③すべてが確認される場合に家族性高コレステロール血症と診断されます。
  • ①総コレステロール値が≧600mg/dL
  • ②黄色腫と動脈硬化性疾患が小児期から認められる
  • ③両親が家族性高コレステロール血症ヘテロ接合体である
出典:「医療法人 清優会 はなふさ皮膚科」
出典:「家族性高コレステロール血症診療ガイドライン 2017」(P4~)

血液検査値の診断基準は、万人が統一された値ですが、脂質異常症の治療目標は、一人ひとりで異なります。
すでに心筋梗塞や狭心症を起こしており治療中の方や、糖尿病や高血圧、喫煙者などの動脈硬化を進行しやすい状況にある方は、より低いLDLコレステロールを目指さなければなりません。
そのため、一人ひとりの状況にあわせて治療目標を設定していく必要があります。

動脈硬化のリスクとしては、①年齢(男性45歳以上、女性55歳以上) ②高血圧 ③糖尿病 ④喫煙 ⑤家族の冠動脈疾患既往歴 ⑥低HDLコレステロール血症(HDLコレステロール<40mg/dL)の項目のうちいくつ当てはまるかで決定していきます。

脂質異常症(高脂血症)とコレステロールの関係

1. そもそもコレステロールとは?

ここまで頻繁に出てきているコレステロールですが、そもそもコレステロールとはなんでしょうか。
ここで一度、コレステロールについて説明します。
コレステロールは脂質の1種類です。脂質はコレステロールのほかにも中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸の3種類があり、コレステロールはさらに「LDL」と「HDL」という粒子に含まれており、それによってLDLコレステロールとHDLコレステロールに分けられています。

コレステロールは、人の細胞膜や、男性ホルモン・女性ホルモン・ステロイドホルモンなどのホルモンやビタミンDの元となるはたらきがあります。
この通り、エネルギー源としてのはたらきはありませんが、細胞のはたらきを調整したり、栄養素の吸収などを助けたりするはたらきがあります。

コレステロールは、内因性コレステロールと、外因性コレステロールの2種類があります。

内因性コレステロール
主に肝臓で作られ、その割合はコレステロールの約70〜80%を占めます。
外因性コレステロール
残りの20〜30%が食事をして、小腸から摂取するコレステロールです。 日本人の平均摂取量は1日におよそ300mgとされており、年齢や性別によって200mg〜400mg程度になります。吸収率は20%〜80%(平均50%程度)と個人差があります。
出典:日本栄養士会全国病院栄養士協議会「脂質異常症の食事療法」

2. LDLコレステロールとHDLコレステロール

コレステロールには、LDLコレステロールとHDLコレステロールがあることはよくしられていますが、どのような違いがあるのでしょうか。 異なるコレステロールのように感じるかもしれませんが、実際は、まったく同じコレステロールです。

LDLコレステロール
肝臓で作られたコレステロールを全身に運ぶはたらきをしていますが、多すぎると血管の壁に入りこみ、動脈硬化を引き起こすため、悪玉コレステロールと呼ばれています。
LDLコレステロールの脂質管理目標となるのは140mg/dL未満です。
HDLコレステロール
余分なコレステロールを回収する、血管にたまったコレステロールを肝臓に戻すなどのはたらきをしているので、善玉コレステロールと呼ばれています。
HDLコレステロールの脂質管理目標となるのは40mg/dL以上です。

悪玉が多いとコレステロールがたまりやすく、また善玉が少なくても回収されるコレステロールが少ないので、コレステロールがたまりやすくなります。
最近の研究から、悪玉コレステロールが小型化(超悪玉ともいわれます)すると血管壁に入り込みやすくなり、血管壁に入るとそれが酸化されて、動脈硬化を進行させる一因となると考えられています。そのため、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高くなるのです。
中性脂肪
身体活動のエネルギー源になります。中性脂肪は食事の脂肪をもとに腸管で作られるほか、肝臓でも合成されます。

脂質異常症(高脂血症)の原因と症状

1. 脂質異常症(高脂血症)の原因

脂質異常症の原因の多くは、動物性脂肪のとりすぎや過食などの食生活にあると言われています。そのほかにも、運動不足、喫煙、過度なアルコール摂取、ストレスなどが関係していると言われています。

また、少数ですが遺伝的な要因によって起こる「家族性高コレステロール血症」と呼ばれているものもあります。このタイプは、遺伝性ではないタイプのものに比べてLDLコレステロール値が著しく高く、動脈硬化への進行が早いので、食事などによる自己管理だけでなく、病院を受診し、医師による治療や指導が必要となります。 もし、家族など近親者に脂質異常症の人が多い場合には、早めに受診することが大切です。

2. 脂質異常症(高脂血症)の症状

脂質異常症の多くは、自覚症状がありません。
そのため、健康診断で“検査結果がよくない”と言われても、放置されがちですが、これが、この病気の恐ろしいところで、気がつかないうちに動脈硬化が進んでしまうかもしれないのです。
放置することなく、病院を受診し医師による治療や指導を受けるようにしましょう。

3. 脂質異常症(高脂血症)は動脈硬化の進行を招く

動脈硬化という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
先述したように、LDLコレステロールや中性脂肪が高い、もしくは、HDLコレステロールが低いと、動脈硬化を引き起こしやすくなりますが、実際どのようなことが起こっているのでしょうか。

  • ①コレステロールを運搬するLDLが増えると、血管壁にLDLが入り込もうとすることで血管壁に傷がつき、さらにその傷からLDLが血管壁の中に入り込みます。

  • ②血管壁の中に入り込んだLDLは酸化LDLにかわります。この酸化LDLが「悪玉」の正体です。

  • ③「悪玉」酸化LDLを体内から片付けるべく、掃除屋とも呼ばれる体内のマクロファージは酸化LDLを自分の中に取り込み、泡沫細胞という細胞に変身します。

  • ④酸化LDLを取り込んだ泡沫細胞は血管壁に沈着し、軟らかく破れやすい「脂質プラーク」と呼ばれるコブをつくります。このコブが破れると、補修のために血小板が集まって血栓(血液のかたまり)ができます。

  • ⑤血栓(血液のかたまり)で血管がつまってしまい、この状態になって初めて「目にみえる症状」になります。

血栓が大きくなって動脈をふさいでしまうと、血液はその先に流れなくなり、血流が途絶えた組織や臓器は壊死してしまいます。脳動脈が詰まれば脳梗塞、心臓の冠動脈が詰まれば心筋梗塞を発症します。
脳梗塞や心筋梗塞は、日本人の死因の上位を占めています。

では、脂質異常症といわれたら、どのように動脈硬化を予防したらよいのでしょうか。
治療は、まず食事療法からはじまり、体重コントロール、禁煙、運動療法といった生活習慣の改善となります。

食事のポイント

脂質異常症を改善させるためには、食事療法がとても大事です。
しかし、肥満傾向が見受けられる場合は、食事療法だけではなく、標準体重を目標に減量をする必要があります。
標準体重は、「身長(m)×身長(m)×22」で計算ができます。

ただし、急激に体重を減らせばいいというわけではなく、1カ月間で現体重の5%程度の減量から始めることがリバウンドせずに体重維持できるポイントだと言われています。
日常における1日に必要な摂取エネルギー量は年齢や標準体重によって異なってきます。この摂取エネルギーにも適正な数字があり、この数字を超えてしまうと体重増加につながります。そのため、ご自分の適正な摂取エネルギーを知っておくことが大事です。

1日の適正エネルギー量(kcal)=標準体重(kg)×25~30(kcal/kg)
出典:「健康の森」

1. 食事を取る際のポイント

食事療法は、伝統的な和食を基本とします。
そのうえで

  • 早食いやまとめ食いはできるだけ避けるようにしましょう
  • よく噛んで食べるようにしましょう
  • 朝食、昼食、夕食と3食をきちんととるようにしましょう
  • 薄味を心がけましょう
  • なるべく腹八分目にするようにしましょう
  • できるだけ外食は控えるようにしましょう
  • 就寝前2時間は食べないようにしましょう

また、栄養バランスのよさも大切です。その際に、気をつけることは以下のとおりです。

  • コレステロール摂取量は1日300mg以下にしましょう
  • コレステロール含量が多い食品の摂取を控えるようにしましょう。
    卵黄、イカやエビ、レバー、貝類、動物や魚の内臓、魚卵などで、卵黄1個には235mgのコレステロールが含まれており、牛乳は1日200~400mlとってもコレステロールは30~50mg程度です。
  • 動物性脂肪を減らし、魚や植物性の脂を多くしましょう
  • マーガリン、ショートニング(食用加工油脂の一種)、菓子類に含まれる悪い脂(トランス型不飽和脂肪酸)の過剰摂取は控えましょう。
  • 食物繊維はコレステロールの吸収を抑えることができるので、食物繊維を多く取るようにしましょう
  • 果糖を多く含んだ清涼飲料水や菓子類などの過剰摂取は避けましょう
  • アルコールは1日25g以下にしましょう
  • 具体的には、ビールだと中瓶1本、日本酒の場合180ml、焼酎なら100ml程度、ワインは200ml程度です。

食事だけではなく、喫煙者は禁煙し、非喫煙者は受動喫煙を避けることも大切です。

2. 高LDLコレステロール血症

コレステロールと飽和脂肪酸を多く含む肉の脂身、内臓、皮、乳製品、卵黄およびトランス型脂肪酸を含む菓子類、加工食品の摂取を抑えましょう。
栄養バランスをよくしても、LDLコレステロールの値が改善されない場合は、コレステロール摂取量200mg/日以下にしてみるのもよいかもしれません。
食物繊維と植物ステロールを含む未精製穀類、大豆製品、海藻、野菜類の摂取を増やすようにしましょう。飽和脂肪酸は、ラード(豚脂)、牛の脂、鶏皮、ベーコン、脂肪の多い乳製品、洋菓子、アイスクリーム、ココナッツ油などに多く含まれています。

3. 高トリグリセリド(中性脂肪)血症

ジュースやスナック菓子など糖質を多く含む菓子類、飲料、穀類の摂取を減らしましょう。アルコールの摂取も控えましょう。
生活習慣の改善が極めて大切です。栄養バランスの適正化を徹底しましょう。
サバやイワシなどn-3系(オメガ3系)多価不飽和脂肪酸を多く含む魚類の摂取を増やしましょう。

4. 低HDLコレステロール血症

トランス型脂肪酸の摂取を控えましょう。
リノール酸には、血中コレステロールを低下させる効果があるため、過度な摂取は控える必要がります。
ひまわり油や綿実油が、このリノール酸(n-6系多価不飽和脂肪酸)にあたります。
病状や合併症の有無によって、摂取できる食品も変わってきますので、医師や栄養士との相談をおすすめします。

5. 運動療法

食事療法とあわせて、脂質異常症治療の基本となるのが運動療法です。
継続して行うことが肝心です。有酸素運動を毎日30分以上行うように心がけましょう。

目安として、心拍数110~120/分程度と少しきついけど続けられる、と感じる程度がよいとされています。

日常生活のなかで運動する時間を作ることはとても大変なことですし、継続させることは、さらに大変だと思います。その場合は、今の生活パターンの中に取り込める運動をおすすめします。
たとえば、通勤時に「1駅分歩いてみる」「遠回りをして通勤をしてみる」「エレベーターやエスカレーターを使わず、階段を使ってみる」などです。 もちろん、毎日行うことがベストですが難しい場合は、まずは最低週3回以上を目標にして継続できるようにしましょう。

厚生労働省が3年ごとに実施している調査の平成26年調査によると、高脂血症の総患者数は、206万2,000人でした。

出典:厚生労働省「平成26年 患者調査の概況」

性別ごとにみると、男性59万6,000人、女性146万5,000人となり女性は男性の2.5倍も多い結果となっています。 これは男性の方が不規則な生活を送っている人が多いからとだと言えるかもしれませんが、脂質異常症は自覚症状がなく、しらないうちに進行する病気です。
健康診断の結果や医師から指摘されたときは、早期に病院を受診することが大切です。 生活習慣を改善することはもちろん、進行状況によっては医師の診断のもとで治療を始めることも必要でしょう。

この記事の監修者

つなぐクリニックTOKYO 監修医師
MCS東京銀座クリニック 院長
知久 正明 (ちく まさあき)
【略 歴】
日本大学医学部大学院修了・国立甲府病院・国立循環器病センター・日本大学医学部循環器 内科・敬愛病院付属クリニック院長・MCS東京銀座クリニックを開業

関連情報